2019年10月21日

tribal rug exhibition Ⅱ

遊 牧 民 の 美 意 識 と 暮 ら す

2019 . 1 1 . 2(土)− 1 1 . 1 0(日)1 1 : 0 0 - 1 7 : 0 0 ※5日(火)は休み
tribe 榊さん在店日:2(土)、3(日)、4(月)、9(土)、10(日)
* 2日(土)15時から「お話会+スライドショー」があります。

2019_eightdays_tribal rug exhibitoin Ⅱ_ura_ol.jpg


「トライバルラグ」と呼ばれる遊牧民の絨毯やキリムなどの展示・販売会を開催します。
去年に引き続いて、エイトデイズ / スケッチイン・ハイクの共催、会場は当店土蔵の二階です。
今年も輸入元である tribe の榊さんが、上記の日程で在店してくださいます。トライバルラグへの愛情あふれる榊さんの説明を聞きながら、ゆっくりとご覧いただければと思います。
また2日(土)のお話会では、京都祗園祭の屋台に装飾品として飾られる約 300年前の絨毯を中心に、さまざまな布などについてお話しをしていただく予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。

輸入元:トライブ → http://tribe-log.com

*駐車場は3台分ご用意があります。満車の場合は市営駐車場をご利用いただくか、当店までお問い合わせください。


posted by 店主 at 09:27| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

トライバルラグの記憶

DSC09110.JPG

DSC09111.JPG

DSC09123.JPG

DSC09129.jpg


DSC09128.JPG

DSC09134.JPG

DSC09138.JPG

DSC09139.JPG

DSC09124.JPG

DSC09119.jpg


posted by 店主 at 22:32| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

tribal rug exhibition

0001.jpg

0002.jpg


インテリア系の学生だった20数年前。今程その手の雑誌が少なくてそのくせ高価。思い切って買った1冊の雑誌を、何か月とかけてページのすみずみまで見ていた。感じがいいと思う部屋(写真ですが)には、床に必ずそれが敷いてあり、憧れだった。
今回、共催と云う初めてのかたちで、土蔵の2階にたくさんの織物が並びます。雑誌の中の物ではなく、いつでも触れることができるここの上に!です。
ぜひこの8日間に、足をお運びください。


輸入元:トライブ → http://tribe-log.com

共催店:エイトデイズ → http://eightdays.jp


posted by 店主 at 23:36| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

ちくちく三人展


IMG_0849.jpeg

image_6483441.JPG


伝言_エコバック持参にご協力をお願いします。


posted by 店主 at 18:57| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

吉田 学 彫刻展

DM縦-01.jpg

吉田学彫刻展_DM縦+.jpg
吉田さんは上記↑の通り、10年前つまり旧店舗の時にお会いしました。
その頃の私はちょっとだけボロボロで、あの出会いはひそかな一つの光だったのだと思います。
そんな感じが伝わるかどうかは疑問ですが、旧ブログ内に書付けたものがあります。
ご興味あればこちら→(Yさん=吉田さん)


2枚並び.jpg
DM制作 Photo by Hiroshi Takashima Design by 森デザイン制作室

posted by 店主 at 10:32| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

キャンドル&うつわ

 昨年春に続いて今年は秋。
キャンドルと器のお二人が、ふたたび2階を使ってくださいます。
どうぞお楽しみに。

秋の灯・陶展表.jpg
秋の灯・陶展裏.jpg



posted by 店主 at 17:47| 長野 ☔| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

須坂で金継ぎ season2

CCI20171027.jpg

金継ぎを経験した前シーズン以降は、予期せぬ破損に見舞われることがあっても落ち込まなくなりました。金継ぎがある!って。
初めての方、リピーターさんも、この機会をどうぞご利用ください。

日程 11月28日(火)
   12月11日(月)
   2018年
    2月13日(火)、2月26日(月)
    3月12日(月)、3月26日(月)

時間 午前 10時〜12時
   午後 13時〜15時
   夜  17時〜19時

参加費 1回 2,000円(材料含)

持ち物 エプロン、マスク、壊れた器、保管用ダンボール箱、タオルか雑巾2枚


お問合せ、お申し込みは、山岳マルシェ(tel 090-2454-5680)または当店までどうぞ。


posted by 店主 at 09:47| 長野 ☀| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

参加者は見た! 参,四合併回

3月中旬、3回目の教室がありました。
前回に付けた錆漆にサンドペーパーをあてる、錆研ぎという工程。ペーパーを水でぬらしながらこすります。ひたすらこすります。
ただひたすらーーーーーー
相手がガラスの場合は、表面にキズが付きやすいということからサンドペーパーではなく、
炭で。炭も水でぬらしながら。
この作業中、次回に控えるあのお茶碗の編み目が思い浮かび。ついため息。

さて、研ぎが終わると接合部分に弁柄漆を塗ります。細ーい筆でゆっくりゆっくり。
次は金(銀)粉蒔き。あとは乾燥(一か月位)させれば完成!

4回目は、3月29日。この日は金継ぎ須坂教室の最終日でした。
店の営業をしながら、問題のお茶碗を時間ギリギリ金粉蒔きまで終えることができました。
予想のとおり、錆研ぎが大変でした。なんとか最後まで投げ出さなかったのは先生の励ましのおかげ。これほんと。

この教室のここちよさは、どこからくるのか?
先生のこれまでの経験からくるのだと、最終回にしてわかったのでした。
生徒さん達があともう30〜40歳若くても、とてもいい先生だったと思いますよ。




それから半月。3回目教室からは一か月。
↓乾燥が終われば、洗って使えます!
KICX0206.JPG
KICX0208.JPG

↓こちらはあと半月待ち。それにしてもよくがんばった。
KICX0200.JPG

上の2つ以外に直したガラスのビーカーは、すでにフライング使用中。
前記事の画像に写ってます。


参加者は見た!はこれでおしまい。

posted by 店主 at 16:32| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

参加者は見た!弐

2月の中旬に2回目の金継ぎ教室に参加しました。
前回作業したものは、ちゃんとくっついていてひとまず安心。

今回の作業は接合部分に錆漆をつける、です。
多すぎず少なすぎずのいい塩梅に苦戦…
付けたくないところに漆がくっついてしまったのを拭き取ったら、
とりたくない部分のを拭いてしまい慌てるものの、
的確かつおちついた対処のおかげで、作業終了(↓画像の右上)。

もう1個。
前回足りなかったかけらも足し、パズルのように接合。
2回目にしてどうにかおちゃわんの形に(画像の左下)。
見よ、痛々しいヒビを!
このおちゃわん、ましも先生が今まで目にしたことがあるうつわ、
割れ具合が最高バラバラとのこと。
全然褒められてはいないですが、なんだかうれしくなったのでした。
かならず完成させる!!

金継教室。
次回は、3月13日(月)に開催です。


KICX0185.JPG


posted by 店主 at 15:43| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

かたちをかえて、またつかう

再生ダンボール展表.jpg

再生ダンボール展文.jpg


年明け第2週の水曜日より、
もり文具店『 再 生 ダ ン ボ ー ル 展 』土蔵2階で開催のご案内。

上に書ききれなかった仕掛けが計画されていたり、
(新年ならではのおたのしみなど、、ここだけの話ですよ)
21日には、トートバックのワークショップも。
トートバック用のダンボールを選ぶところから、時間をたっぶり使って作ります。
そのためおべんとう付きなのです(ここだけの話、スペシャルなおべんとうなんですよ)
ご予約、お待ちしています。
ご予約は当店→026-285-0113

もりさんのダンボールを再生する様を見たら、
あなたのダンボールを見る目が変わっちゃいます。

展示会前に、「もり文具店」について知っておきたい方は、
こちら↓
http://moribunguten.naganoblog.jp

↓定番カードケースとトートバック (今回の展示会に同じ物があるとか、ないとか・・・)
ph01.jpeg ph02.jpeg

ぜひぜひお出掛けください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


もりさんと云えば旧店舗時分、
101010(トート展)で2階を使ってもらったことがあります。
ろう引きの袋とか、ノートとか、
木っ端でできたほんとうに掛けそうな色鉛筆型キーホルダーとか・・・
ほら、
記憶にありますね。
あの時の私にはとても重要な出来事。
以前よりご縁はあったのですが、あの数日間をさかいに
まるで恋するようにもりさんを意識するように。
その後この場所のオープンの際、案内状とショップカードを作っていただいたりした。
だから今回の企画が実現したということは、気持ちが通じて両想い(赤面..)になれたようで、
うれしい。

製作は展示が始まるギリギリまで続けると聞いたので、
仕掛けの準備の一部をよろこんで申し出た。

posted by 店主 at 14:45| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする