2017年11月04日

キャンドル&うつわ

 昨年春に続いて今年は秋。
キャンドルと器のお二人が、ふたたび2階を使ってくださいます。
どうぞお楽しみに。

秋の灯・陶展表.jpg
秋の灯・陶展裏.jpg



posted by 店主 at 17:47| 長野 ☔| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

須坂で金継ぎ season2

CCI20171027.jpg

金継ぎを経験した前シーズン以降は、予期せぬ破損に見舞われることがあっても落ち込まなくなりました。金継ぎがある!って。
初めての方、リピーターさんも、この機会をどうぞご利用ください。

日程 11月28日(火)
   12月11日(月)
   2018年
    2月13日(火)、2月26日(月)
    3月12日(月)、3月26日(月)

時間 午前 10時〜12時
   午後 13時〜15時
   夜  17時〜19時

参加費 1回 2,000円(材料含)

持ち物 エプロン、マスク、壊れた器、保管用ダンボール箱、タオルか雑巾2枚


お問合せ、お申し込みは、山岳マルシェ(tel 090-2454-5680)または当店までどうぞ。


posted by 店主 at 09:47| 長野 ☀| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

参加者は見た! 参,四合併回

3月中旬、3回目の教室がありました。
前回に付けた錆漆にサンドペーパーをあてる、錆研ぎという工程。ペーパーを水でぬらしながらこすります。ひたすらこすります。
ただひたすらーーーーーー
相手がガラスの場合は、表面にキズが付きやすいということからサンドペーパーではなく、
炭で。炭も水でぬらしながら。
この作業中、次回に控えるあのお茶碗の編み目が思い浮かび。ついため息。

さて、研ぎが終わると接合部分に弁柄漆を塗ります。細ーい筆でゆっくりゆっくり。
次は金(銀)粉蒔き。あとは乾燥(一か月位)させれば完成!

4回目は、3月29日。この日は金継ぎ須坂教室の最終日でした。
店の営業をしながら、問題のお茶碗を時間ギリギリ金粉蒔きまで終えることができました。
予想のとおり、錆研ぎが大変でした。なんとか最後まで投げ出さなかったのは先生の励ましのおかげ。これほんと。

この教室のここちよさは、どこからくるのか?
先生のこれまでの経験からくるのだと、最終回にしてわかったのでした。
生徒さん達があともう30〜40歳若くても、とてもいい先生だったと思いますよ。




それから半月。3回目教室からは一か月。
↓乾燥が終われば、洗って使えます!
KICX0206.JPG
KICX0208.JPG

↓こちらはあと半月待ち。それにしてもよくがんばった。
KICX0200.JPG

上の2つ以外に直したガラスのビーカーは、すでにフライング使用中。
前記事の画像に写ってます。


参加者は見た!はこれでおしまい。

posted by 店主 at 16:32| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

参加者は見た!弐

2月の中旬に2回目の金継ぎ教室に参加しました。
前回作業したものは、ちゃんとくっついていてひとまず安心。

今回の作業は接合部分に錆漆をつける、です。
多すぎず少なすぎずのいい塩梅に苦戦…
付けたくないところに漆がくっついてしまったのを拭き取ったら、
とりたくない部分のを拭いてしまい慌てるものの、
的確かつおちついた対処のおかげで、作業終了(↓画像の右上)。

もう1個。
前回足りなかったかけらも足し、パズルのように接合。
2回目にしてどうにかおちゃわんの形に(画像の左下)。
見よ、痛々しいヒビを!
このおちゃわん、ましも先生が今まで目にしたことがあるうつわ、
割れ具合が最高バラバラとのこと。
全然褒められてはいないですが、なんだかうれしくなったのでした。
かならず完成させる!!

金継教室。
次回は、3月13日(月)に開催です。


KICX0185.JPG


posted by 店主 at 15:43| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

かたちをかえて、またつかう

再生ダンボール展表.jpg

再生ダンボール展文.jpg


年明け第2週の水曜日より、
もり文具店『 再 生 ダ ン ボ ー ル 展 』土蔵2階で開催のご案内。

上に書ききれなかった仕掛けが計画されていたり、
(新年ならではのおたのしみなど、、ここだけの話ですよ)
21日には、トートバックのワークショップも。
トートバック用のダンボールを選ぶところから、時間をたっぶり使って作ります。
そのためおべんとう付きなのです(ここだけの話、スペシャルなおべんとうなんですよ)
ご予約、お待ちしています。
ご予約は当店→026-285-0113

もりさんのダンボールを再生する様を見たら、
あなたのダンボールを見る目が変わっちゃいます。

展示会前に、「もり文具店」について知っておきたい方は、
こちら↓
http://moribunguten.naganoblog.jp

↓定番カードケースとトートバック (今回の展示会に同じ物があるとか、ないとか・・・)
ph01.jpeg ph02.jpeg

ぜひぜひお出掛けください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


もりさんと云えば旧店舗時分、
101010(トート展)で2階を使ってもらったことがあります。
ろう引きの袋とか、ノートとか、
木っ端でできたほんとうに掛けそうな色鉛筆型キーホルダーとか・・・
ほら、
記憶にありますね。
あの時の私にはとても重要な出来事。
以前よりご縁はあったのですが、あの数日間をさかいに
まるで恋するようにもりさんを意識するように。
その後この場所のオープンの際、案内状とショップカードを作っていただいたりした。
だから今回の企画が実現したということは、気持ちが通じて両想い(赤面..)になれたようで、
うれしい。

製作は展示が始まるギリギリまで続けると聞いたので、
仕掛けの準備の一部をよろこんで申し出た。

posted by 店主 at 14:45| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

参加者は見た!

先日2階で行われた金継教室に参加しました。
申込み人数は8名、実際参加者は7名。私も含めみなさん金継ぎ初体験です。

教えてくださる真下(ましも)さんは、小諸で雑貨と古道具のお店をされています
(3年くらいらしい)。
ながれでお店の中で金継ぎをはじめ・・・
出張教室のお声がかかり・・・
片手間だったのが今はかなり占めているんだそうな。
そんなふうに流れにまかせ変えられるのは、すごいし素敵だ。
と頭の固い私は思う。
教室の進め方もやりながら、加えたり省いたりある時は生徒さんの声を聞き、
柔軟に変えたりしながら今のかたちになってきたそう。

出張教室は始めてから一年しか経っていないとは思えない、
有意義であり、和やかな時間でした。


■白飯よふたたび
IMGP7795.JPG
1.こども用ご飯茶碗2個分のかけら。かなりバラバラ...

IMGP7796.JPG
2.まずは形にしてみる(テープ仮止め)。右、かけらが足りないじゃん!

IMGP7798.JPG
3.接合直前。

IMGP7799.JPG
4.左上、接合完了。
左下、かけらが足りずここまで(本来は接合は一気にやる)。
次回は2月。
 ※その後、足りなかったかけら見つかりました!



参加申込み受付中。

posted by 店主 at 16:15| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

須坂で金継ぎ

received_1130013147075155.jpeg

このたび縁あって、
冬季限定ではありますが二階を金継(きんつぎ)教室として使っていただけることに。
壊れてしまったけど、捨てれに捨てられずいるものはありませんか。
金継ぎでまた使えるようになりますよ。
金継ぎと聞くと陶器や磁器ばかりと思っていましたが、おどろいたことに木やガラスなどの素材にもできるですってー!!!
まったく初めての方でも、もちろん大丈夫。直したいうつわがあればよいのです。
寒い時期だけど、わいわいと同じことをするのはきっと楽しいはず。

この機会、ぜひぜひご活用ください。


[日程]  12月12日(月)
    来年 2月 1日(水),13日(月)
       3月13日(月),29日(水)
      ※1月はありません
      ※2月と3月の水曜日を追加しました(11/18)

[時間]  午前の部 10時〜12時
     午後の部 13時〜15時
      夜の部 17時〜19時

[場所]  土蔵2階

[参加費] 2時間 2,000円(材料費含む)

[持ち物] エプロン、マスク、壊れた器など、保管用ダンボール箱、タオルか雑巾2枚

[詳細と申込み] 山岳マルシェ 090.2454.5680 眞下(マシモ)さん
またはこちらから→山岳マルシェさんウエブサイト


補足(11/11)
※希望される日と3回(午前,午後,夜)の中からご都合の良い時間を選び、お知らせください。
 ご来店時でも可。
※1回2時間を2回(別の日)参加していただけるとだいたい完成するそうです。
 (状態によっては2回以上になります)
※山岳マルシェさん↑ウェブサイト内にご予約フォームがあり、そちらも便利です。
 ご都合のよい方法でどうぞ。



posted by 店主 at 23:40| 長野 ☀| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

灯・陶展の記憶

DSC03635.jpg

DSC03648.JPG

たくさんの方に訪れていただきました。
この場所に来て初めて迎える連休。慣れない人の波にあたふたあたふたー
作家の二人は全く動じてる気配もない。それは、あちこちのクラフト市への参加経験が
あるからだと途中で気づき一人で納得していた。

ただ場所を気に入ってくれ、お互いのことはよく知らないところからのスタートは、
打ち合せの段階から実に刺激的でした。終わってみたら、いい経験だったと云える。
何よりも二人がここでやってよかったと云ってくれた。
こんなはじまりもいいかも。

またリラの花(=ライラック)が咲いたら、この展示会のことを思い出すだろう。

DSC03589.JPG
↑今回のために企画された共同製作品(持ってます!)

※画像はすべてリラズキャンドルさんからいただいたもの。



posted by 店主 at 16:02| 長野 ☀| 2階スペース | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

キャンドル&うつわ

それぞれ、山ノ内と上田にお住まいの作家さん。
初の二人展のための場所をさがして昨年晩秋のこと。巡り巡って辿りついた土蔵の二階を気に入ってくださり、来る4月29日より作品展をひらく運びとなりました。

庭がおめかしする日があったり、この展示会だけの特別なものも用意されているようですよ。
みなさまどうぞ足をおはこびくださいませ。


灯陶展DM表.jpg

灯陶展dm裏.jpg












posted by 店主 at 15:19| 長野 ☁| 2階スペース | 更新情報をチェックする